市販の歯を白くする歯磨き粉を使う人気のホワイトニング処置とは。

トピックス

口元が美しいと、それだけで清潔感が出ます。

そのため、歯科矯正はなかなか出来ないけれど歯を白くしたいと願う若い人はたくさんいるのです。昔は日本人はあまり口元に注力していませんでしたが、現代では歯科矯正も子供のうちからする人が多いですし、白い歯が素敵だという風潮になってきています。本当に良いのは歯医者にいってお金を払い、専門家である医者にホワイトニング処理をしてもらうことでしょう。しかしそんな暇はないし、暇はあってもお金がない、という方もいます。ただ単に歯医者が怖いという方もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、自宅でしている毎日のケアで白くすることです。普段遣っている市販の歯磨き粉で、ある程度歯を白くする方法があります。

歯医者によるホワイトニングの処置と、市販の歯磨き粉では白くなる度合いが完璧に違いますが、一体その差は何でしょうか。

実は歯医者では、ホワイトニングの処置をするときには過酸化水素という薬剤を使っています。過酸化水素を使うことで歯の表面についている汚れや色素を分解し、無色化することができるのです。さらに過酸化水素はエナメル質の構造を変化させることができ、その効果で白く見せることが可能なのです。

残念ながら日本においては、市販の歯磨き粉に過酸化水素を配合することは禁止されています。薬剤を扱うにはそもそも歯科医師免許が必要ですので、結果的に歯磨き粉でクリニックでのホワイトニングと同じ効果を期待するのは無理、ということになるのですね。海外の製品では入っているものもありますが、日本で使用する際には注意が必要ですので念のため覚えておいてください。

歯科医院と市販の歯みがき粉では、使用できる薬剤の種類が異なります。歯科医師がホワイトニング治療で用いる薬剤には「過酸化水素(もしくは過酸化尿素)」という薬剤が配合されており、歯の表面の汚れや色素を分解して無色化します。さらに、過酸化水素はエナメル質の構造を変化させることにより歯を白く見せることができます。
ところが、日本国内では市販の歯磨き粉に「歯を白くする濃度の過酸化水素」を配合することは法律で禁止されています。歯を白くする濃度の過酸化水素を取り扱うためには歯科医師免許が必要です。したがって、市販の歯磨き粉で「歯科医院の施術と同じホワイトニング効果」を期待することは、現実的とは言えません。

引用元:ホワイトニング歯磨き粉とは?市販の歯磨き粉と歯科医師によるホワイトニングの違い

まず、歯の着色汚れの原因となっているステインを除去し、ホワイトニングの効果を持続する商品を選びましょう。

成分名でいえば、「分割ポリリン酸ナトリウム」や「ヒドロキシアパタイト」を探してください。分割ポリリン酸ナトリウムは汚れを除去し、歯の表面のコーティングの汚れ付着予防にも効果がありますし、ヒドロキシアパタイトは表面についたデコボコの傷を埋めて汚れや着色がしにくい滑らかな歯を作ってくれます。更に選ぶ時には、低研磨性や研磨剤不使用のものを選択してください。研磨剤は汚れを落とすことでは優秀なのですが、粒子が大きいほど歯の表面を削ってしまいます。エナメルを傷つけてしまったり、歯茎にダメージを与えることもあるのです。特に知覚過敏となってしまっている人は、研磨剤が入っているものを使いだすと水やお湯で歯がしみる、ということになりかねません。

折角の歯磨き粉の成分を吐き出してしまわないように、あまり発泡しないものがおすすめです。

歯磨きは1回につき3分程度、しっかりと一本ずつ磨くことが大切といわれていますが、ラウリル硫酸ナトリウムなどの発泡剤が入っているものを選んだ場合、すぐに口の中が泡でいっぱいになってしまって汚れが取れていないにも関わらず、しっかりと磨けた気分になってしまう人がたくさんいます。口の中で泡が広がることが嫌ですぐに吐き出してしまう人は、折角の有効成分まで吐き出してしまっていることになりますので勿体ないです自宅で歯磨き粉を使ってホワイトニングをするためには、まず「研磨剤を使っていない」か「少ししか入っていない」もの、そして「分割ポリリン酸ナトリウム」や「ヒドロキシアパタイト」が入っているもので、発泡剤不使用の商品を選び、歯ブラシの先に少しつけた状態でしっかりと磨くことです。歯医者で処置をしてもらったような白さにはなりませんが、自然に光る白い歯を守ることが出来るでしょう

 

タイトルとURLをコピーしました