ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ホワイトニングをすると歯がしみるのは何故なのか

白い歯は笑顔を美しくしますし、会話をするときに他人から見られても安心です。でも、日々の生活で行う飲食や加齢などが原因で、歯は次第に黄ばんだり茶色く変色してしまいます。そこで行うのがホワイトニングです。ホワイトニングを行えば、歯が生えてきたときのように輝く白さを取り戻すことができます。

美しい歯になれる、というのは多くの人にとって魅力的なことなのですが、その際に問題が生じることもあります。というのもホワイトニングをすると歯がしみる場合があるからです。なぜそのようなことが起きているのかというと、使われる薬剤が主な理由です。

そもそも歯を白くするというのは、消しゴムで鉛筆を消すのとは理屈が違います。薬剤に含まれる過酸化水素や尿素が、歯にこびりついた色素を分解することで漂白効果を生み出します。さらに、年齢を重ねるにつれて歯の表面にあるエナメル質がすり減り下にある黄色い象牙質が透けている場合には、エナメル質の透明度を下げることで黄ばみを減らします。

このときに使われる過酸化水素の濃度が高くなると、かなり刺激が強くなります。もし、歯にヒビが入っていたり虫歯の穴が空いていたりすると、エナメル質がないために、薬剤が中に染み込み神経を刺激します。過去に虫歯の治療で詰め物をしていたりする場合にも、歯と詰め物の隙間を通ってしみます。歯は別にヒビやかけたりしている部分がなくても、歯茎が下がって歯根が見えてしまっていると、象牙質まで薬剤が入り込み痛みが出ます。

あとは薬剤ではなく使う機器ということもあります。薬剤の効果を高めるために、光や熱を照射して化学反応を促すやり方では、そのときに歯が熱を持つと、知覚過敏の人は痛いと感じます。ちなみに知覚過敏は薬剤が分解をするとき、歯の表面を剥がすことになるので施術直後の状態であれば誰でも起きる可能性があります。このときに冷たいもの、熱いもの、辛いものを口にすると、それがしみてしまいます。少なくと施術から24時間に摂る飲食物は、常温のものにしておかなければいけません。

このようにホワイトニングでしみるというケースを見てみると、薬剤が染み込む要因がある、知覚過敏で痛みを感じやすいといった人に起こることがわかります。これらのことは、ほとんどの場合は事前に自分でもわかることです。ですから、ホワイトニングをしたいというのであれば、まず歯の問題を解決する事から始めなければいけません。たとえばヒビやかけている部分があるならばそれを補修し、虫歯も治療を行います。すでに虫歯治療をしていたり歯茎が下がっているときには、隙間に薬剤が入り込まないようカバーをしてもらえばしみることはありません。そういった処置を歯科医がやってくれないようならば、思い切って他の歯科医院に乗り換えてください。乗り換える歯科医院を探すときには、電話やネットで施術方法について問い合わせれば二度目、三度目はなくなります。

エナメル質が薄いことが原因であれば、エナメル質を修復する歯磨き粉に切り替えることで次第に厚みを増すこともできます。すぐには効果が出なくても時間をかけて歯の状態を改善していけば、薬剤に耐えられる可能性が出てきます。

知覚過敏については、歯磨きの方法やブラシを変えてみたり、歯科医院でコーティング剤を塗ってもらうなどの対策があります。歯周病や歯ぎしりなど様々な要因により知覚過敏となっているときには、まずはそちらに対処しなければいけません。歯の問題を解決できるとして、ホワイトニングの方法も見直したほうがいいです。過酸化水素の濃度を低くすることで、刺激はだいぶ抑えられます。一度目は激痛がしたけれども、薬剤を変えてみたら耐えられない痛みではなくなることもあります。

最終更新日

原因 , 歯がしみる , 知覚過敏