ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ホワイトニングの痛くない施術方法を知る

美しく白い歯は清潔感があり、人に与える印象も良くなります。それゆえ、歯の美しさにはこだわりを持つ人は多いのではないでしょうか。きれいな歯を保つためには、毎日の歯磨きを丁寧に行うことや、色素沈着しやすい食べ物や飲み物を控えるということがあげられます。とはいえ、気をつけていてもやはり少しずつ歯は着色していきますし、もともとの歯の色にも差がありますので、理想の白さを維持することは難しいものがあります。

理想の白さを手に入れるのであれば、歯科医院によるホワイトニング治療を受けることも検討してみたいところです。審美歯科では様々な治療が用意されていますが、やはり薬剤を使うとなると歯がしみたり、痛みを感じることもあるとされています。できることなら、痛くない治療で歯を白くしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。まず、治療を行う前には虫歯や歯周病を治しておくということも大切です。虫歯があると薬剤がしみやすくなりますので、まずは口腔内をチェックしてもらい悪い部分があれば事前に直しておきましょう。口腔内を良い状態にすることで痛みを感じにくくなります。ホワイトニングを行う前には歯のクリーニングが行われることが多くなっていますが、歯石除去などのクリーニング直後はエナメル質も剥がれており、知覚過敏も起こしやすくなっています。それゆえ、クリーニング直後に治療を行うことも避けたいところです。歯を白くする施術にも色々な種類がありますが、歯の表面を削ってセラミックを貼り付ける方法もあります。こうした方法では美しい歯を得ることが期待できますが、歯を削ることはやはり痛みを伴いますし、自分の歯を弱くすることにもつながりますので、痛くない治療を希望する人は避けたほうが無難です。

最近の治療では、薬剤を使って自宅で行う方法や歯科医院で行う方法などが主流となっていますが、治療の際に薬剤がしみることが心配という人も少なくありません。薬剤を使った場合は一時的に知覚過敏のような症状が出る人もありますが、慣れてくるとあまり痛みを感じなくなる場合もあります。薬剤をつけてしみたり、痛みを感じた場合も一時的なもので時間がたつとそうした症状も消えていきます。とはいえ、痛みの感じ方は人それぞれ違いがあり、強く感じる人もいます。そのような場合は、歯科医師に相談してより無理なく続けられる治療方法を見つけていきましょう。薬剤で歯がしみたり、痛みを感じる原因にはホワイトニング剤に含まれている過酸化水素が原因しているといわれています。歯科医院で行われるオフィスホワイトニングは即効性がありますが、それは高濃度の過酸化水素を含む薬剤が使われていることがあげられます。効果は高いものの、痛みを強く感じる人もいます。

より痛くない治療を希望するのであれば、より過酸化水素が低濃度に抑えられているホームホワイトニングを選ぶこともおすすめです。この方法は毎日行う必要がありますが、治療費も抑えられ後戻りが少ないというメリットもあります。最近はより過酸化水素の濃度の低い薬剤を提供している歯科医院もありますので、自宅でのケアでもしみる、痛いという場合は相談してみましょう。そして、過酸化水素そのものを使わない薬剤も登場しており、この場合は刺激や痛みもより抑えられています。過酸化水素を含む薬剤よりは白くする効果は劣るといわれていますが、ゆっくりと時間をかけて白くしていきたい、できるだけ痛くない治療を選びたいという人はこうした薬剤にも注目してみてはいかがでしょうか。歯科医院での治療では薬剤を塗布したあと、光の照射が行われますが、光を照射しない治療を提供しているクリニックもあります。照射を行わないことでより痛みも抑えられているとのことです。

最終更新日

ホームホワイトニング , 痛くない施術 , 知覚過敏