ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ホワイトニングのタイプ別の持続期間

ホワイトニングにはクリニックまで足を運んで受けるオフィスタイプと、専用の薬剤を持ち帰って、自宅で行なうホームタイプの2通りがあります。そしてホームタイプは専門家でない人でも問題なく扱えるように、薬剤の濃度が抑えてあります。そのため歯の色の変化を実現できるようになるまでの期間は、オフィスタイプの方が短いです。専門家の手によって比較的強い薬剤が使われるオフィスタイプは、少ない回数でも効果が表れやすいです。施術時間も長くて2時間程度と、ホームタイプと比べるとそう長くはありません。ただその反面色が元に戻りやすいという弱点があります。そのため歯の白さのレベルを維持するためには定期的に治療を受ける必要があります。

それに対してホームタイプは専用のマウスピースに薬剤を塗り込んで、それを自分の手で歯に装着し続ける形です。薬剤にはいくつかの種類があるため具体的な数字は異なってきますが、大体一日に数時間は着け続けなければなりません。ただそれは効果が出るまでの期間を短くしたい場合で、用事などで装着しない日があってはいけないというわけではないです。順調に進めば、1ヶ月程度続けると効果が実感できるようになります。そしてじっくりと時間をかけて歯を白くしていく方法であるため、一度定着すれば長い間白さを維持することができます。

オフィスタイプで歯を白くした場合は、元に戻ってしまうまでの期間が大体3ヶ月、ホームタイプだとおよそ倍の6ヶ月程度だと考えておくと良いでしょう。それぞれに効果の表れ安さと色戻りのしにくさと言う異なる強みがあるため、両方に魅力を感じるのであれば、一概にどちらの方が優れているかは決めることができません。なので複数の視点から考えるようにしましょう。費用面で考えると、オフィスタイプよりもホームタイプの方が高額になりがちです。専用のマウスピースを作成する分を考慮しても、およそ倍からそれ以上の差になります。継続していくのであれば、その差はより大きくなっていきます。

また口内の環境には個人差があり、オフィスタイプの強い薬剤では刺激が強すぎる場合もあります。そんな時は効果の低い薬剤に切り替えることもできるかもしれませんが、負担が少なめのホームタイプに絞り込んだ方が無難です。

そしてもっとも大きな違いは、自分のペースでできるかどうかです。どちらのタイプも大切なのは、途中で止めてしまわずに継続することです。ホワイトニングをする余裕がないほど毎日が忙しいとしても、その忙しさにも種類があるはずです。数ヶ月に一度まとまった余裕を作れるのであればオフィスタイプ、1日をかけてクリニックに足を運ぶほどの余裕はないものの、1日の中で安定した時間が確保できるのであればホームタイプを選択するという方法もあります。

オフィスタイプとホームタイプには強みだけでなく、それぞれ元への戻りやすさと効果が出るまでの期間が短いという弱点があります。それを天秤にかけてどちらかを選ぶのもひとつの手ですが、両方を組み合わせることでそれぞれの弱点を補い合うことも可能です。デュアルホワイトニングと呼ばれる方法で、より高い効果を発揮させられます。もちろん効果が感じられるまでの期間も短くなり色戻りもしにくくなります。料金は2つのタイプをシンプルに足す計算になりますが、予算面と時間的な余裕があれば選択しても良いでしょう。どちらの方が優れているかを考える手間も省けます。オフィスとホームの両方を取り扱っているクリニックだと、組み合わせができないということもまずないはずです。むしろ高い効果が表れるものとして、推奨されていることも多いでしょう。

最終更新日

オフィスホワイトニング , ホームホワイトニング