ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ホワイトニングと知覚過敏について

人の印象を左右する重要なパーツの一つが歯ですが、日本人はもともと歯が真っ白ではないことや日々の生活により歯が黄ばんでしまうことは珍しくありません。食事内容やタバコによる色素沈着は、いくら歯磨きに力を入れていても完全に防ぐことはできず白く美しい歯になりたいと憧れを持っている人はかなり多いのではないでしょうか。

知覚過敏とは

近年日本でも人気を高めている歯を白くする方法の一つにホワイトニングがあります、一昔前とは違い気軽に行える存在となっており、クリニックは勿論エステサロンで行える方法も誕生するなど、ニーズを高めていることは間違いないと言えます。本来は医療行為の一つであり、確実に効果を得て安全に歯を白くしたいと考えるのであればクリニックに受診するようにしましょう。オフィスがホームかどちらで行うか選ぶことができたり、クリニックにより必要となるトータル費用にも違いはあるので、よく考えて選ぶ方が大切です。
どの場合でも虫歯がある場合には治療を行ってからとなるのは勿論のこと、知覚過敏にも気をつけておかなくてはなりません。全ての人に当てはまるわけではありませんが、一部の人はホワイトニングを行うことにより一時的に知覚過敏のような症状が発生することがあります。歯磨きする時や冷たいものを飲食した時に痛みを感じるのが特徴ですが、なぜ歯を白くしたことが原因で知覚過敏になるのか不思議になったり、痛みはいつまで続くのか不安になるのは当然のことではないでしょうか。

ホワイトニングと知覚過敏の関係

痛みを感じたりしみるのは、使用する薬剤によるものと言われています。基本的には一過性のものとなっているので、自然と治りますがあまりに痛みが強い場合や、長期間痛みが続いている場合にはクリニックに行き診てもらう必要があります。
放置しておくと悪化してしまうこともあるので、早い段階で足を運ぶことが大切です。ホワイトニング後の歯の痛みが起きにくくするためにも、施術を受けてから二十四時間は冷たい飲み物や炭酸飲料を避けるようにするべきであり、その他にも痛くなった時に備えてクリニックで鎮痛剤を処方してもらうというのも一つの手段です。知覚過敏になりやすい人もいれば、施術後にも全く痛みやしみると感じない人もいます。虫歯で治療した後の隙間があると痛みを感じやすいのは勿論のこと、歯の表面に傷があったり、歯ぎしりをする癖がある人もしみたり痛みを感じやすいので気をつけなくてはなりません。

ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニングの場合には、一日か二日ほど中断することで痛みはなくなることが一般的です。治療が完了してしばらく経過すると、痛みはなくなる一時的なものとなっており、それほど心配する必要はありませんが、悩んだ際にはクリニックに相談してみることが必須です。人それぞれ歯の状態にも違いはあるので、放置しておけば良いと安易に考えるのは辞めましょう。ホワイトニングを行う前から慢性的な知覚過敏という場合には、そのことをあらかじめ伝えておくことが大切です。
もともと痛みがあったりしみる状態の人は、さらに症状が悪化してしまう可能性があったり、施術中に強い痛みを感じることもあるので受けられないこともあると頭においておく必要があります。近年ではあらゆる方法が誕生していることもあり、痛みは全く感じることがなく歯に対する負担もない方法も増えていますが、クリニックによる違いが大きいので複数を比較してから判断するべきです。料金の違いだけで判断してしまいがちですが、安さで決めるのではなく信頼して任せることができるかや、アフターサポートまで充実していて安心かに注目しておくべきです。歯の痛みの有無も、クリニックや方法による違いはかなり大きく影響します。

最終更新日

ホワイトニング , 知覚過敏