ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ホワイトニングで気をつけたい食事のポイント

歯を白くするホワイトニングを行う場合は、効率的に白くしたり再着色を防ぐ為に、いくつかのポイントに気をつける必要があります。一般的にホワイトニング後の48時間以内は、施術前よりも着色しやすいといわれています。歯の表面を汚れと共に薄く取り除くので、いわゆるエナメル質が表面に出ている状態です。この時に色の濃い食事などが付着すると、色素が浸透して歯に色がついてしまうわけです。特に12時間以内は付着しやすい時間帯なので、口に入れるものやお手入れが重要になってきます。

また、歯の表面が一時的に薄くなっていますから、刺激のある食べ物を口にするとしみてしまいます。酸性の飲み物や食べ物は刺激が強いので、施術の後はなるべくこれらを避けるようにしましょう。食事において意識的に気をつけたいのは、食材だけでなく調味料です。醤油は見るからに色が濃いですが、実際に歯についたままだと色がつくので、食後は歯を磨くなどして取り除くことをおすすめします。

醤油以外にも、ソースやタレ全般に味噌も色素が強いですから、いずれかの調味料が使われている食べ物を控えるか、お手入れを前提に食事をしましょう。調味料ではありませんが、実は緑黄色野菜も思いの外色素が強めなので、油断しているとホワイトニングで綺麗になった歯に色がついてしまいます。緑黄色野菜は体に良い食材ですから、毎食欠かさず摂っている人が少なくないですが、油断していると健康的なイメージに裏切られてしまうので要注意です。

このように、食事は調味料と緑黄色野菜が大敵ですが、一緒にいただく赤ワインも強い色素なので注意が必要です。ポリフェノールが健康的で知られる一方で、赤い色素が歯に付着することも有名です。メインディッシュ以外で出てくるぶどうやいちご、ベリー類もホワイトニングを無駄にしますから、食後は必ず歯を磨きましょう。
チョコレートもポリフェノールが着色の原因になりますし、ココアも同様なので避けた方が無難です。食後の飲み物も色素だらけで、コーヒーが歯を黒くする筆頭ですが、烏龍茶や紅茶、そして緑茶も着色の原因です。タンニンが含まれる飲み物は、茶渋が器を汚すように、歯も汚してしまうので気をつけましょう。健康食材ですが、豆腐や豆乳に納豆、トマトやレモンも着色を引き起こす犯人です。前者はイソフラボンが色素で、これもまたポリフェノールの仲間です。後者は酸性食品という共通点があって、歯に刺激を与えつつ色素を沈着させるので厄介です。わさびや辛子、マスタードにケチャップ、カレー粉も着色するので、ホワイトニング後の食事には向かないといえます。中でもカレー粉の色は強く、短時間で沈着してしまいますから、基本的には食べない方が良いですが、口にしてしまったら速やかにケアをするのが得策です。

歯磨き粉は研磨剤入りだと歯を削ってしまうので、ブラッシングの技術で歯の表面の色素を取り除きたいところです。飲み物は水にする、食事前に水を口に含むなどすると、他の飲み物よりも着色しにくくなります。それでもケア不要とはいかないので、やはり自分の歯ブラシを持ち歩いて、何時でも磨けるようにしておくのがおすすめです。

ホワイトニングは少しずつ歯を白くしていくものですから、食べ物や飲み物で再び色がついてしまうと、折角の努力が台無しです。日々の我慢やケアが最終的な白さを決定づけるので、何が最重要かを常に考え、生活習慣を守っていくことが大切です。施術が無事に終われば、食後のケアを怠っても直ぐには再着色しなくなるので、それまで我慢して乗り越えるのが目標となります。ブラッシングをすると汚れは落ちるので、汚れても磨けば良いと考えがちですが、できれば食べるのを避けることがベストな結果に繋がります。

最終更新日

原因 , 食事 , 飲み物