ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ホワイトニングするときの飲み物に注意

ホワイトニングを行う際には、飲み物に気を付けてみるとよいです。まず、歯を白くするための施術を行った際には、気を付けたい点が存在しています。せっかくホワイトニングを行ったのに、色の濃い飲み物を飲んでしまうと歯の表面に色素が付着してしまいます。特に、コーラやワイン、コーヒーなどの色の濃いものだと色素が歯に付着してしまうので気を付けないといけません。施術を行う際には、普段からこれらの物を飲まないように気を付けてみるとよいでしょう。

ただ、もともとコーラやワイン、コーヒーが好きという人も多いです。食事を摂取した時やお菓子を食べたときに一緒にコーラを飲む人もいますし、ほっと一息つきたいときにコーヒーを飲んでリラックスするという方もいるでしょう。食事と一緒にワインを飲むことでストレス解消効果を得るという人もいるので、一概に飲んではいけないということはできないです。この場合には、飲む量を少なくしたり飲んだ後にうがいや歯磨きを行うなどの対策が必要になってきます。うがいを行えば、口の中に存在している色素を除去することができますし、歯磨きを行うことで歯の表面に付着した色素を人工的に取り除きやすくなってきます。自分なりの対策を行うことで、問題を解決することができるでしょう。

色素沈着は、飲み物以外にも食べ物でも起こります。例えばカレーなどの色の濃い食品を食べれば、その色素が付着しやすくなってしまいます。カレーは人気の高い食品になるので、頻繁に食べるという人も多いです。ただ、ほどほどにしておかないと歯の色が黄ばんでしまうので気を付ける必要が出てきます。食べるものにも気を付けることで、真っ白い美しい歯を手に入れることができます。

このように、普段から食べるものや飲む物に気を付けておく必要がありますが、ホワイトニングの施術を行った後にも飲み物には気を付けてみましょう。基本的に、施術を行った後には好きなものを飲むことはできますが、冷たいものや熱いものを飲んだ時に歯がしみる場合があります。この場合には、常温やぬるま湯程度に温めたものを飲んでみるとよいです。極度に冷たいものや温かいものは、歯の刺激となる心配があります。ホワイトニングを行うと、歯の表面が薄く削れてしまうこともあり、神経にさわってしまう心配も出てきてしまいます。そのため、施術を受けた直後には冷たいものや温かいものを飲むのは避けるとよいでしょう。ただ、しばらく時間がたてば歯の状態も落ち着いてくるので安心して飲むことができます。たとえ冷たいものを飲んだとしてもしみる心配はありません。特に不安なく好きなものを飲むことができます。

ただし、状況によってはいつまでたっても歯がしみるケースが存在しています。せっかく飲み物を飲んだとしても、歯がしみてしまったり痛みを感じてしまうと不快感を感じることになるでしょう。この場合には、早めに歯医者に相談を行ってみてください。歯医者に相談することで、ホワイトニングの液剤を調節してもらうことができます。必要以上に強い液剤を使っていると、歯の表面を削ることになってしまいよくありません。医師に話して液剤を見直してもらうことができれば、歯を傷つけることがなくなるため痛みなども感じにくいです。万が一、歯科医師に話を行ったとしても対応してもらうことができなければ、他の歯科医院にセカンドオピニオンを求めるようにしましょう。歯科医師には、歯の状態を任せることになるため、お互いに信頼関係を持つことができる点が重要です。信用することができない対応だったら、その点だけでも通うことに不安を感じてしまうので別の医師に相談する必要があります。

最終更新日

コーヒー , コーラ , ワイン , 色素沈着 , 飲み物